The Big House 5レポ その1


The Big Houseとは

 DXをやってたり、動画勢の人は知ってるかもしれないけど、DX界にとっては1年のうちの4?5?大大会のうちに数えられるぐらい大きな大会。今回は1400人近く集まって、EVO2015に次ぐ規模の大会となった。(Apexの人数を超えるのはやばい)前まではDXのみの大会だったんだけど、今年からWii Uのほうも加えた大会となったわけで。TBH5では、Compendiumというものが開かれてて、日本語では説明できない。DOTA由来のものらしいんだけど、簡単に言うと、みんなで募金を兼ねた運営が用意する商品や特典の買い物をして、その募金で会場の使用時間、追加会場だったり、賞金の追加だったり、有名選手の招待などを行っていたわけですわ。

招待されました

 Thank you EVO. 絶対EVOで4位取ったおかげやなと思う。主催からお声がかかってすごい興味ある行きたい行きますと二つ返事でした。俺のCompendiumのレベル(募金金額)は低い方で、あっという間に達成して遠征が決まった。DXのコミュレベルが高いおかげが大きいかも(その分Wii Uのポットボーナスは少ない)。しかも飛行機代だけじゃなくて、少し余裕を持ってくれたので、現地での生活費もそれで賄えた。
 ちなみにaMSaさんも招待はされたんだけど、社畜なため来れませんでしたとさ。仕事辞めよう!ちなみに俺は自分が行きたい日程で勝手に飛行機取ったら、卒論の中間発表の日(しかも午後)と被ってて、ボスに午前中に日程を変えてもらって、終わり次第即行帰ってぎりぎりだった。もうこんな馬鹿なことはしない(と思う)。
しかしパックマンを呼んだと思ったらロゼッタとメタナイトだったときの気持ちってどんなんだろう。

成田→シカゴ→デトロイト

 今回は一人旅だからそんなにおもしろいことはなかった。ただひたすら成田に行くまでが忙しすぎて汗かいて萎えた。今回は行き帰りアメリカン航空で行って、乗り心地はむしろ良いほうなんだけど、卒論中間発表調整のせいで睡眠調整をまったくしなかったから全然寝れなかった。卒研の進捗を作ろうとパソコンも持ってったのに一切やらなかったし、対戦相手の動画見ようと思ってパソコンに入れたのに一切見なかったし、ずっと映画見てたよ…インサイド・ヘッドっていうディズニーピクサー映画で泣きました。あとストロボ・エッジの有村架純すごいかわいいですね…

ホテルがない

 デトロイトの空港に着いて、Apexのときにあった日本語話せるVaysethという人(以前9B宅によく行ってめっちゃ関西弁)に迎えに来てもらった。出発二日前ぐらいにタクシーだとお金もったいないから迎えに行ってやるよーという神。アメリカ人なのに時間を守ってきてくれた、偉い。しかし着いて早々今日のホテル取れてないってよってことを伝えられた。招待枠のホテルは木曜日、つまり前日からしかなかったと。ということで急遽Vaysethの実家に1日ホームステイすることに。ホテルで1人で寝るよりかはおもしろいかなと思ったから結果オーライ。

Vayseth宅

 特に何をしたわけでもないんだけど、普通に父ちゃんがいる中でリビングで食事する感覚不思議だった。幸いここの家は日本愛好家で何回も日本人をホームステイさせてるから歓迎された。シャワー借りてベッドでだらだらして、メタナイトのトレモして、ちょうどアプデされたスマ5の情報を確認して寝た。1年ごとに新作が遊べる!!!


めっちゃアメリカの家っぽい。

人懐っこすぎるデブネコ。アメリカンサイズ。

 朝起きてトイレ行ったら母ちゃんが起きててなぜか一緒に朝ごはん食べた。勝ちなさいよと応援された。んでトレモして、Vaysethとその友人とフリーをして、メタナイトやべえ隠したほうがいいと言わせて満足。車でホテルまで行くまでにその友人にお昼ごはん奢ってもらった神。


ただし油っこく野菜はない。野菜ェ…。

マッシュアップ

 ほんとに関係ない話だけど、マッシュアップっていう音楽を作る手法?があるのね。ボーカル用の音楽と伴奏用の音楽を好きに組み合わせて自分用の音楽を作るみたいな。日本だと著作権的にやばそうだけど、スマブラのBGMに合わせて誰かが歌ってるのすごいおもしろかった。ドライブとかのときの話題作りとして流せそう。というか流れてた。Vaysethの友人はゲムヲ使いだからゲムヲの音楽でマッシュアップしてた。

とりあえずここまで。次はホテル着いてから前日大会。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。