スマブラ4 ver 1.1.6の現在の環境について


なすびさんに書けと言われたので…

アプデなくなったけど今の環境どうなってるの?

 アプデ直後にはキャラランクとか結構みんな書きたがって、自分も書いてたりしてたんだけど、しばらく時間がたったので改めて書きます。キャラランクとは題してないので、実際のキャラランクと似てるけどちょっと違うかもしれないです。大会で勝ち上がるにはって感じのランクですね。では下の画像を参考に見てみましょう。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-18-42-28

Sランク 〜使い手多し、対策必須〜

 Sランクのキャラは現在の環境のトップメタです。大体キャラランクTOP10のキャラだと思われます。主にアメリカの大会ではこれらのキャラが上に行きます(日本は職人キャラを好む人が多かったりするのでこの限りではないです)。ダブルエリミネーショントーナメントで勝ち上がることを目指すのであればこいつらを優先的に対策しましょう。
 アプデ直後にちょっと変わったことについて話すと、ベヨネッタはアプデ直後終わったな…かのような雰囲気をかもしだしていましたが、全然終わってませんでした。むしろSalemを始めとし、PinkFresh、Sajなどのアメリカのベヨネッタ使いが活躍し、再評価されています。日本では9B、ikepなどのプレイヤーがいますが、アメリカほどベヨネッタはいないので優先度としては下がるかもしれません。
 一方最強と謳われていたクラウドには疑問が出てきています。特に出てからずっと使っているM2Kはトップ5には入らないとずっといい続け、結果に出てるだろうと述べています。日本では古森霧を始めとしていろんなクラウド使いがいるので、最強かどうかは置いといて対策は必須です。またアメリカに行く上でもどんな人がポケットの中からクラウドを出してくるかはわからないので対策の優先度はトップです。
 また下投げ空上という最強パーツを取られたシークですが、依然として最前線にいます。シークは壊されやすいですが、明確な不利キャラが存在しないという長所があります。古来からのシーク使いのVoiD、Mr.Rがコンスタントに結果を残し続けているのもシーク評価につながっています。

Aランク 〜使い手少ないが対策は必須〜

 Aランクのキャラは使い手は少ないんだけど、トーナメントシーンではほぼ確実にいると言っていいキャラです。強いのに使い手自体が少ないキャラが多く、対策自体が困難ですがやる必要ありです。特に日本だとこのAランク帯で強い人が多いです。
 アメリカでは、このランク帯ではカムイが最近上に来る機会が増えました。以前アイク使いだったMidwestのRyugaやテキサスのCosmosなどの若手が上がってきています。またこのキャラをサブで備えてる人も多い気がします。LarryやESAM、あーすなどのプレイヤーが代表的です。
 ロックマンはかめめがEVOで2位を取ってから話題になりましたが、Sランクに入るほど強くはない印象です。かなり中堅レベルのキャラに苦戦することがあります。

Bランク・Cランク 〜知らないと飲まれる〜

 このランク帯のキャラは使い手も少なく、上に行くことすら少ないので当たることが少ないですが、知らないと飲まれるようなキャラです(知らなくても勝てるようなゲームではないです)。まあ正直このBとCなんて些細なものなんですが、どちらかというとBのほうがキャラパワーもあって、飲まれるかもしれないって感じです。

おわりに

 キャラの分布について書いてみましたがほとんどキャラランクと変わらなかったですね()。アメリカと日本を比べると、日本のほうが明らかにキャラ分布がバラけているのでかなり対策しづらいです。しかもそれでいて強い人が多いという…。日本で勝ちたいのであればS〜Aまでのキャラをとりあえず対策してみることをおすすめします。ただ予選通過となると運が絡むのでなんとも言えないですが(;´Д`)
 ではまたの機会に(^o^)

関連記事


スマブラ4 ver 1.1.6の現在の環境について” へのコメントが 5 点あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。