Cannes Winter Clash 2015


フランスの大会に参加してきました

 APEX終わって一段落するか〜って思ってた頃に、アユハさんから「2月27日から3月1日にフランスで大きな大会があるらしいですが、渡航費出るなら興味ありませんか?ってLeonから訊かれました。」とメッセージが来た(Leonはヨーロッパでは強いゼロサム、Xではマルス)。このとき気づいてなかったけど、フランスに着いてからGamesLinesのオーナーのAbouからFacebookでメッセージが来てたことに気づいた。
 アユハさんを挟んでFBでやり取りをして、最終的に「渡航費の60%、ホテル代、送迎込み」の招待ということになった。APEXのTOP8は偉大。間違いなく結果残してなかったらこの話は来なかっただろうし、まぐれだろうが結果を残せてよかった。本当は部活の予定があったし、1人で空港乗り継ぎとか送迎の連絡をするのは不安だったけど、せっかく招待されたから行くことにした。全額ではないけど、Mr.Rさえ倒せればプラス、2位でも少しマイナスぐらいだしね。
 よくプロ狙って自費で行ったの?とか聞かれるけど、行ってプロ狙えるかって言われたらそうでもないし(もちろんなれるならなりたいけど)、そんなお金ない…

日本出発〜カンヌ到着

 CWCに向けての対策という対策は思ったより出来なかった。CWCで上に来る人は、Mr.Rシーク、Leonゼロサム、Leffenディディーぐらいしかいないと思ったから、にえとの宅一回いけば全部体験できたんだけど、膝の不調で整形外科行ってたりして無理だった。結局いつも通りオンラインで募集したけど、ゼロサムがへいへいさんしかいなかった、人口少なすぎ。シークはオンとオフじゃ全然違うだろうし、ディディーぐらいしか対策みたいなのできなかった。まあ本当に行くかどうか決めたの2月15日らへんだから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど…
 今回の飛行機は15時発の23時着(乗り継ぎ含め14時間ぐらい)だから睡眠調整はあんまり要らなかった。JALの飛行機も結構乗り心地悪くない。しかも隣いないし最前列だったし、ご飯はおいしい方だしめっちゃくつろげた。けどパリのドゴール空港についてからはアナウンスがほとんどフランス語で、Merciぐらいしか聞き取れなくて不安になった。入国審査の人何も喋ってこなくて逆に怖かった。この時点で運営にあと2時間ぐらいで着くよって連絡をして、じゃあその時間迎えに行くよって返事をもらった。

  
これが空港のオシャレトイレ。赤ちゃん突き落としているようにしか見えない。

これが空港で買ったパン。
フランスのパンはおいしいと聞いていたのに冷えきっててガチガチで全然美味しくなかった。

 ドゴール空港からニース空港へ国内線で行ったんだけど、機内アナウンスがほんとにフランス語ばっかできつい。乗務員さんがフランス語でBon Voyage(よい旅を)と日本語でこんにちは〜とありがとうを言ってくれたのぐらいしかわからなかった。
 そうこうしてニース空港に着いたものの、一向に迎えが来ない。迎えはまだかと聞いてみたけど今向かってるとしか言われなくて、逆にまだ来てないのか?って聞かれた。しばらくしたら連絡が来て道が混んでるから遅れてるとのこと。夜遅くなのに空港を出入りする人多くて盗まれるんじゃないかと気が気じゃなかったわ。しばらくしたら「Abadango?」とお迎え二人組が来たので一命をとりとめた。23時には着いたのに迎え来たの24時過ぎてた。ちなみにホテルまでは40分ぐらいで着いたから道が混んでるっていうのはたぶん嘘。俺が着いてからおそらく出発したに違いない。迎え来てくれるだけで助かるから本人らには何も言えない。帰りの途中で「腹が減ってないか?」って聞かれたから腹減った言ったら、「でもなー全部しまってるんだよー」って言われてなんで聞いたんだよって思った。
 ホテルに着いて、同じく日本人でウル4Samurai予選を勝ち上がって招待されているトンピーさんと合流(スタッフのフランス人2人も同室、1人は上裸で寝てた)。24時過ぎてるから起こすのも本当に申し訳なかった。1日先に着いていたから足りないシーツを確保してくれてたり、水や朝ごはんを買ってきてくれてたりで神でしかなかった。シャワー浴びてすぐ寝た。


ホテルのトイレは上の銀色のボタンではない何かを引っ張ると流れる仕組み。
わけがわからない。

 

1日目

 なんだかんだ寝れなくて7時には起きてだらだらしてた。10時過ぎに迎えがくるはずだったんだけど、まあ11時になったよね。ホテルのロビーで待機してて、ここで初めてsakoさんあききさんりんちゃんと挨拶。トンピーさんでもウル4勢で結構不思議な感覚なのに、sakoさんっていう画面の向こう側にいるプロと行動するってことが意味わからない感覚だった。この遠征ではユーセフっていう日本語が少し喋れるスタッフに日本人まとめて送り迎えをしてもらった。


ホテルから見える景色。結構綺麗。

 会場着いたらすぐ隣にカジノあった。会場はイベント向けの施設か何かっぽかったね。関係者用の名札?をもらって、関係者口から入場。ちゃんと荷物検査された。けど俺の名前「ABA DANGO」ってなってたわ。中の会場はボドゲとかカードゲームとかいろいろなゲームがある中の一画を借りて、そこをゲーム大会として開いていた感じ。他のゲームを遊びに来た人たちがちらっと大会のスクリーンを見に来るのはいいなと思った。

 
相手を撃って勝負するサバゲーみたいなやつ。

 日本人スタッフはいないものの、ユーセフとミカエルっていうイケメンフランス人が日本語喋ってくれた。ミカエルは入場料ただになるから通訳してるんだって言ってた。けど彼ら以外のスタッフも最低限の英語はできるっぽくて、簡単な英語で話しかけてくれるのは助かった。フランス訛りはちょっと聞き取りづらいんだけどね。

DX予選&本戦

 練習はしてなかったから当然っちゃ当然なんだけど、まったく勝てなかった。マルスの横スマと掴みの2択を一生喰らい続けて予選は負けた…掴みをしゃがみですかしたの確認してから眠るしたら、相手全然違うところ掴みに行ってたりするんだもの。マルスはほんと立ち回りしんどいし、対策しないとダメなキャラ。
 予選終わって暇だなーって思ってたらダブルエリミネーション予選なのに上位4名本戦進出みたいなよくわからないシステムだったので本戦に進出。ファルコン使いに負けて、またさっきのマルスの人に負けて終わり。集中もできなくてだめだめだった。DXも勝つマルチプレイヤーは某プロは最強。
 終わってもWii Uのフリー台は1つしかなくて、そこで少しだけやってからMr.RとLeonのマネーマッチ×2を観戦してた。Mr.Rが2回とも勝ってたんだけど両方共3-2とかだった。Leonがシールドキャンセル上Bしか狙ってなくてそれでワンチャン取ってた内容。そのあとはウル4の2on2を見てダイミニオンつえーーーーってなって終わり。
 帰りに日本人+ユーセフでケバブ屋に行った。ユーセフ「飢餓か?(^^)」お腹減ったか?でいいのに誰が飢餓って難しい言葉教えたんだろう。久しぶりに温かいご飯食べれたしおいしいしで良かった。ドリンクを冷蔵庫から勝手に取るっていう謎のシステムも存在してた。


ケバブ屋のポテト。5人分だけど多すぎる。

 帰ったらシャワー浴びて次の日に備えて即寝。

2日目

Wii U予選

 今回は11時から予選開始だったんだけど、会場に着いたのが11時ぐらいで一切フリーできなかった(予選中もフリー禁止)。昨日やったゲームDXだからちょっと動かなくてやばかった。初戦のピカチュウ戦はかなり危なくて2-1で勝った。裏スタートは笑えないからね…そんで順調に勝って、配信台で人気そうな変な人のルカリオ使いと対戦した。ルカリオ相手だからワリオ使ったんだけど、会場の冷え具合がやばかった。実況はおならだけで勝ったみたいなことも言ってた。のでパックマンで普通に戦って勝ち。招待されたからパックマン使わなきゃいけないんだな〜と実感した試合だった。いつも思うけどルカリオのほうが理不尽な試合してるんだからワリオがヒールになるのおかしいでしょ。まあ待つのは見栄え悪いからルカリオ戦は他のキャラ当てられるように努力する。
 予選中は結構Mr.Rとお話したから仲良くなった気がする。日本のトッププレイヤーは誰だ、今はディディーが強いけど1年後は絶対シークが1番だ、ルカリオ嫌いとかいろいろスマブラの話をした。結構優しめの英語使ってくれてる感じがあるし発音が聞き取りやすいからいいね。
 Leffenはエントリーしてたけど寝てたってよ。

 
左は予選で戦ったルカリオ使いの不審者。右はプロになって気取っているMr.R。

Wii U本戦〜ベスト8まで

 順調にパックマンでわからん殺しをして勝ち上がり、配信台でYOLENっていうフランスでは強いらしいシークと当たった。パックマン出してからワリオ出して勝ち。空Nおならの拒否を知らない感じだった。シーク相手はいつもワリオを強要させられるからきつい。
 なんやかんやで勝者側のままTOP8に残ることが出来て良かった。次の日の相手はLeonゼロサム。Mr.Rとはグランドファイナルで会おうって約束してたし、Mr.Rと当たらなくてよかった。でもMr.RはLeonにパックマン対策めっちゃ教えてたけどね。
 終わったあとはマネーマッチ組手みたいな感じになって、30€ぐらい勝った。遠征するとチップみたいな感覚でマネーマッチ挑んでくれるのはほんとに嬉しい、助かる。
 マネーマッチ相手いなくなったらウル4の5on5を見て、プーンコつえーーーーーってなった。5on5楽しそう。終わってから初めてインフィルとかライアンハートとおしゃべり出来た。インフィルはめっちゃ丁寧口調なんだけど、ライアンはめっちゃくだけてラフ、流暢すぎておもしろい。画面の向こう側の人間と喋れて新鮮だった。
 この日は結構早めに終わったから、みんなで飯行こう、そのほうが楽しい、みたいな流れになって、ウル4のゲストの方々(sakoさん、トンピーさん、プーンコ、インフィル、シャオハイ)とスタッフとちょっとちゃんとしたお店に入ることに。自分が場違いすぎてなんとも言えない。日本語、韓国語、フランス語、英語が飛び交う食事でちょっとおもしろかった。でもフランスのちゃんとした食事は長すぎてもういいかな。入ってから出るまでたぶん2時間ぐらいかかった。


sako家、プーンコ、インフィル、シャオハイ+スタッフ+トンピーさんとわしという謎メンツでディナー。

 長いご飯のせいでなかなか遅くなってしまったし、明日は俺の財布が減るか増えるかの瀬戸際なので帰って即寝。

3日目

 朝起きたらトンピーさんが早起きしてて、朝市に誘われた。俺は変に緊張というか眠いというか不思議な感覚だったためごろごろしてることに。トンピーさんは帰ってくると朝ごはんを買ってきてくれていた。気遣い神である。パイとハムとヨーグルトをもらった。せっかくだから少しだけでも観光いけばよかったなと後悔した。


カンヌは映画祭の影響で柵がフィルム。

Wii U本戦ベスト8

 会場着いたらもうルーザーズから試合が始まってた。アップなしでやる試合とか珍しすぎ。

WSF Leon 2-0

 フランス遠征前は結構ゼロサムに怯えてたんだけど、Leonが消火栓に引っかかりまくってくれたり、Leonが下Bを狙っていなかったりで普通に勝ち。地上下Bとか甘えた行動も多かったしね。なおGFで会おうと約束したMr.RはLeonの応援をしている。

WF Mr.R 0-3

 シークとはほんとに当たりたくはなかった。パックマンとして招待されたし、1回パックマン出してみるかと思って出したらすごいぼこぼこにされたので即キャラ替え。ワリオでも結局勝てなかったんだけど、次はいけるみたいな感触は掴めたから早めのキャラ替えは良かったと思う。音無しでやってたからそこもきつかったけどね!!Leon戦もそうだけど音のせいで溜めミスがおおすぎ。

LF Leon 3-0

 さっきよりこっちの甘い行動を狩ってくるようになったけど、やっぱこっちの飛び道具に引っかかってくれる印象で勝ち。プレイヤーとしては強いからLeonももっと外に出るべき。

GF Mr.R 2-3

 今度は最初からワリオ。1戦目は負けてしまったけど、2戦目からは相手のいろんな行動を読めて咎めることができて、ほんとに気持ちも優位に戦えてた。おなら当てれば勝ちの状況に持っていけてるだけでこっち状況有利だからな。崖上がりとか回避もめっちゃ読めてたけど、おならの%確認とか確定逃しがあった。特に1戦目と4戦目はほんとにそれで負けた感がある。5戦目は1ストめのやられ方で精神的にきたな。撃墜されそうなときの自分の択の取り方も安易だし直していかないといけないな。Mr.R「すごい!おまえはすごい!」負けたけどめっちゃ日本語で褒められた。こいつにはいつか大会で勝ちたいね。
トナメ表

 自分の試合が終わったので、ウル4の応援にいくことに。Mr.Rにおみやげ渡したらレッドブルをくれたので、そのレッドブルをsakoさんにあげた。ちなみにMr.Rはsakoさんの大ファン。トンピーさんの試合とかsakoさんの試合を見てこの日は終わり。
 どういう経緯か忘れたけどEventHubsのニコラスと友だちになった。めっちゃエセ関西弁みたいな感じでおもろかった。いろんな大会に行ってはいろんな種目に参加してインタビューとか記事を書いているらしい。インタビューしてくれた記事がこれ
 終わった後に援助のお金の話をしたけど、少しめんどくさいことになってしまった。もともとは現地で手渡しで受け取る予定だったんだけど、受け取ったのはその一部で残りと賞金はpaypal経由になった。海外はこれがちょっと揉める原因になるからちょっと嫌な部分。


お世話になったミカエルと平瀬さん。イケメン&美人夫妻。
貴重な日本語の会話相手でお世話になりました。

ダイミニオンが賞品としてもらったGCコンを使わないから、トンピーさんが交渉してくれてくれた。

 
 大会が終わったらまた違うケバブ屋にいった。ここではsakoさんが奢ってくれた(sakoさんが優勝していたらステーキだったとか)。プロゲーマーの鑑でした。この期間中akikiさんから結構プロゲーマーの話とか海外遠征の話とかをしてくれて結構おもしろかった。sako家のみなさんありがとうございました。
 sako家とお別れしてホテルに着いて、トンピーさんと現実に戻りたくない~って話をだらだらしてた。トンピーさんも大会中話し相手になってもらったり、いろいろお世話してもらったりで助かった。ありがとうございました。

カンヌ出発〜日本到着

 帰りも朝早くにユーセフに送ってもらった。助かった。空港にさえ着いてしまえばあとはなんとかなる気がする。ニースからド・ゴールに移動したけど、ドゴール空港は広すぎでバスで移動してた。主要都市なら乗り換えもある程度調べられるからもう大丈夫、かもしれない。帰りの飛行機は寝ずにいろいろ映画見たり、調子に乗ってハイネケン頼んで要らねってなったりした。


ドゴール空港では搭乗待ち時間にバーに行ける。VIPPER向け。

 
 そんなこんなであばだんごアマチュアの海外遠征は終わった。ゲームで招待されるって一生に一回あるかないかもわからないから、ほんとに行けてよかったと思う。なんとか1人でも行動できるようになれればもっと行けるんだけどね…今度はEVO行きたい。
 仲介してくれたAyuhaさん、招待してくれたGamesLinesスタッフみなさん、sako家のみなさん、トンピーさん、ミカエル夫妻、ユーセフには特にお世話になりました。ありがとうございました。


謎にかっこよく場所を取ってくれたパンフレットのゲスト一面。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。