APEX2015雑記


ここ数ヶ月忙しすぎて更新できてなかった(*_*)自分のレポはまとまってないのでアユハさんの旅日記をどうぞ。すごくおもしろいです。あくまで1プレイヤーの振り返りという感じで。
APEXとはスマブラシリーズのEVOのような世界大会。

日本出発前

 アプデでパックマン弱体化を受けて、オフ大会でも大した結果を残せず、勝てない人には勝てない、なんでアプデ前にAPEX行くこと決意したんだろう、と思いながら嫌々練習して対策を考えてた。オンだとさかさかとか対策出来てないキャラ使ってる人に声をかけたり、暇があれば海外勢の動画を見て人対策も書いておいたり。大体の撃墜%も調べたり、ステージごとのフルーツの使い方を考えたりもした。最後まで悩んだのはワリオを使うかどうかだった(結局使わなかったんだけど)。
 1月に入ってからは、aMSaさんが急遽行けることになったからチームのお誘いをして、オンオフ合わせて10日ぐらい練習したかな。んで2回週末ににえとの宅に行って仕上げ。日本に優勝してもらいたかったがために俺はにえとのさんとパックマンとワリオで対戦してしまったため、しばらく勝ちにくい体になってしまった。Rainさんニャンこさんキリハラさんありがとう。オンでは最後のほうネス対策のためにドエさんtaranitoさんに協力してもらった。ありがとうございました。
 出発前日にさかさかと5時間ほど対戦してもらってマリオが無理だと悟った。このキャラ強すぎる…ワリオでやってもいつか頭食らってだめだった。Allyに当たったら終わりだー。村人とファルコンは海外相手なら全然行けると思った。
 成田空港ついて集合場所にいたら、他のみんな別のところにいた。徹夜明けで眠っちゃいけないしめっちゃ焦った。乗り方は覚えた(気がする)から次回に活かしたい。飛行機の中で寝れると思ってたのに全然寝れなくてめっちゃ疲れたまった。次回から徹夜で行くのは辞めよう^^;

アメリカ到着

 アメリカめっちゃ寒かった。アユハ神の指揮のもとに14時にはホテルに着く。AYUHA IS GOD.ベッドでしばらく休憩し、にえとのさんとの1$マネーマッチを制する。小さい大会(Smash 4-Ever)があるようなので行ってみることに。Keitaroの迎えが来たら助手席にMr.Rが乗ってた。話を聞くとMr.Rのファルコンはオンラインのみで、シークがメインらしくて驚いた。1時間ほど揺られて会場についた。

Smash 4-Ever 10

 会場着いてなんで民間の消防局みたいなところで大会してんねんと思った。Mr.Rのフリーを見て、Xのときのおちゃらけた立ち回りが無くなっていて、コンボの〆に跳魚してたりいろいろしっかりしていた。Falseも動画見る限りアメリカの中ではダントツでうまいと思ってたけどMr.Rのほうがうまいと思った。普通にやったら勝てないと悟り、パックマンは隠してワリオでフリー対戦した。最初の方はおならめっちゃ当たるしバイク通るしでかなり勝てた。最後の方はおならでなにか起こさないとダメだった。Dabuzともやったけどチコいないときに殺しきれなくて勝てなかった。このときから後ろに観客がいて少し盛り上がるだけで気分良かった。

Vinnie 2-1 ワリオ対シーク、ロボ、ロボ

 Xのときはめっちゃ強かった人。シークは強いけど最上位ではない感じ(それでもぎりぎりだったんだけど)。バーストの圧力が他のシークよりもなかったかも。ロボに変えられたあとは一瞬でぼこられた。普通に勝てる気しなかった。ロボット強すぎるんじゃ…3戦目は飛び道具をくらい過ぎないようにした。運良く相手が崖際のバイクの上でシールド固めてくれていたところを最大屁でシールドブレイクすることができたので、そこからバースト拒否がうまくいって差を広げられて勝ち。先行するかしないかでめっちゃ変わるわ。

Mr.R 1-2 ワリオ対シーク

 ワリオシークなんてシーク1ストにするまでは前座でしかない。1戦目は空N暴れから最大屁が確定してゲームがぶっ壊れた。2戦目はめっちゃいい流れだったのにバイクだそうとしたらおなら漏れて(8:40)、そこから待たなきゃいけなくなって展開悪くなって負け。3戦目は噛み合うことなくそのままシークの勝ちパターンで負け。対戦してなければもっと楽なのに…って毎回思うけどいつか負けちゃうからしょうがないね。

J.Miller 2-1 パックマン対ルイージ

 BEAST5というヨーロッパ大会で優勝したルイージ使い。1戦目はなんかめっちゃ投げられて火力取られて負けたけど、その後はB技で作業しまくって勝ち。読み合いしちゃいけないゲームだった。

Keitaro 2-0 パックマン対ディディー

 普通のディディー。わかんねえ無理だって顔してた。

DtN | にえとの 0-2 パックマン対シーク

 1番当たりたくない相手だった。俺がわかりすぎ無理だって顔してた。APEXではお互い当たりたくないなって話をした。今後出すとしたらワリオかな。

 めっちゃ疲れてたけどどのぐらい強いか見れたし行ってよかった。帰りの車は死んでた。
トナメ表

APEX前日

 適度にタイマンしたり、aMSaさんとチームの調整したりして終わり。aMSaさんとチームしに海外のDX部屋行ったら人気者すぎてすぐ囲まれてて笑った。最終目標は3日目に残る!とか言ってた気がする。チームも配信までは行きたいと思ってた。

APEX1日目中止

中止!
 最初がチームだったため、aMSaさんと一緒に降りようとすると、うるさくない程度にホテル中に警報が鳴ってた。最初はこれから試合始まるよっていう目覚まし時計かと思ってたんだけどそういうわけではなく、大勢がホテルの外に居た。結構ヤバイかもってことで他の日本勢を呼びに行ったらなんだかガス臭い。自分たちの階は上の方だったからめっちゃガスの臭いがした。貴重品入れて2LのDAKARAを片手に持ちながら1階に降りる。アユハさんが情報を集めて、しばらくしたらホールで時間をずらしてやるとのこと。

中止になった会場

そんでホールに移動して、「今から予選開始」とのコールの数分もしないうちに「さっきのはジョークだ、今すぐ全員このホールから出ろ」と。おおまかな流れは↓の感じ?
 誰かが間違って防火扉を開ける
→なぜだか知らないがガスも漏れる
→消防士の人が来る
→駐車場の陥没、人数的にこのホテルでの開催が無理だと指摘
→ポリスマンが来て締め出す
 その後その日のうちにやるかどうかわからず13時ぐらいになって、新しい階乗で明日からやる、全部の予定をなしにしないでやる、となった。Twitchが圧力をかけて去年の会場を用意し、Twitchが圧力をかけてホテルから会場までのシャトルバスを手配したとか。そのころ任天堂は訴訟手続とかやってたとか。(真偽は定かではない)

マネーマッチ

 暇だからマネーマッチの相手をTwitter、Facebookを使って探すも、誰も釣れず。Larry(DEHF)のいる西海岸勢の部屋にマネーマッチしに行くも、にえとのさんとちょこさんが人気すぎて1回5$しか出来なかった…疲れてたので寝ることに。

ZeRoが日本部屋に

 サブウェイ行こうとしたけど、外が吹雪いてて100mぐらい歩いてからやめた。ホテルのピザは小麦粉にチーズとトマトソースのせただけみたいなくそまずいやつだった。
 しばらくしたらZeRoが来て日本勢とフリーしに来た。まずはにえとのさんとフリーして、勝ち越し。Mr.Rかにえとのが一番のシークだって言ってた。俺はパックマンで3、4戦やって1戦勝ち、ワリオは事故らせて何回か勝ったくらい。バイクの使い方がうまいと言われた。aMSaさんとはaMSaさんがぼこぼこにされてた。今までで一番のゲッコウガって言ってた。日本信者のZeRoの話は結構面白い。アユハさんに通訳してもらいながら会話を楽しんだ。ZeRoのごますり技術は衰えてなかった。

APEX2日目

 朝起きて準備してたらZeRoが来た。一緒に行こうとのこと。下行くとシャトルバス待ちの人が多くて、なおかつ来るシャトルバスが1台しかない。ZeRo「もう少し早く来てれば乗れたと思うか?w」っていうことで先にtaxiで先に行ってしまった。しばらく待ってもこないので、Ayuhaさんがtaxiのおじさんと話をつけてくれて割安で乗せてくれることに。TOYOTAの車でアユハさんのいろいろな話を聞きながら会場へ。
 

会場

Wii Uダブルス予選

 俺のいるチームはJtails(強豪DD)&Reflex(強豪ワリオ)がシード。Jtailsはアプデ後の大会で優勝してたりReflexはプリンも使ってたとか。そこに当たるまでは擬似タイも負けることなく、連携眠るも反確眠るも簡単に決められて勝者側決勝まで。この時点で11:30を過ぎてしまっていたので俺は一旦DXの予選へ。aMSaさんにプチ通訳をしてもらって助かった。戻ってきて試合。結果は2-1だったんだけど、全部ギリギリだったと思う。あんまり思い出せない。2戦目か3戦目に俺が眠る外してReflexワリオに横スマフルホールドされたときに「これは大きな一撃だ!!」みたいなこと叫ばれてひよった。3戦目はお互いラストストックまで五分で、Jtailsが「Patient…Patient…」ってReflexを落ち着かせててめんどくさかった。aMSaさんがワリオのおならを崖受け身で消費させてくれて、Jtailsが飛んできたところを空後ろで撃墜できたから2:1状況が作れた。最後は俺がワリオのおならの犠牲になってaMSaさんが着地を上投げで狩ってくれて勝ち。ぎりぎりでおもしろかった。
Wii Uダブルス予選A54

DXシングル予選Round1

 Gahtzuっていうファルコン使いがシードのところでもしかしたらあるかも?と思っていたらなかった。Knutっていうサムスに一生殴られ続けて殺された。テレビが音無しでサイレントチャージショットが避けられないのもきつかった。サムスと対戦経験が0に近いけど自分のDXの弱さに凹んだ。浅い差し込みは全部引かれて処理されて、ふわふわしてて空前刺されてみたいな。空後ろ処理行動をこっちが徹底しないとだめだな。
 敗者側ではファルコ使いの崖際横スマに一生引っかかって死んでった。復帰が下手くそ…マルチスマブラーへの道は遠い。
DXシングル予選Round B11

Wii Uシングル予選Round1

 第一シードはもらってたんだけど、第二シードにPlayer-1という古来からの(X時代からの)DD使いがいた。勝者側決勝で予想通りPlayer-1と戦うことに。上投げ空上とか横スマでひっくり返されてもおかしくはないくらいだけど勝ち。アイテムの扱いはうまかった。村人に変えられたけど、絶対やったことなさそうだったから辛そうだった。ボーリングだけ食らわないことを祈り、当たらなかったので勝ち。
 ↓てぬへさんが撮ってくれた(とても会場音がうるさい)。

Wii Uシングル予選Round1 C45

DXダブルス予選

 相方はVGBC | aMSaプロ。シードがPlup&Colbolのフォックスフォックスチームだった(DX界ではかなり強豪の人たち)。このチームはどこ相手でも舐めプしまくっても余裕で勝ってた。勝者側決勝で当たったんだけど、1戦目はヨシストで負けてしまって、ヨシスト連コしたら卵と眠ると復帰阻止でぐちゃぐちゃにできて1本とれた。3本目は終点で3、4ストぐらい残されて負け。俺がもっと前衛を張れて、眠るで荒らせて、復帰阻止安定できれば倒せない相手でもなかったと思うんだけどだめだった。力不足を痛感。
 敗者側は、勝者側で倒したドクマリ&ピーチに負けてしまった。俺がもっとピーチの相手をできて、ドクマリに殺されてなければ…力不足を痛感。aMSaプロに泥を塗ってしまった結果になったので重く受け止めたい…
*予選表かかれてなかった。

アユハさんのシングル応援

 アユハさんが勝者側1回戦で負けて、終わったなーと思っていたら勝者側1回戦の相手と敗者側決勝まで来てた。ディディーのマリオ対策を聞かれて、俺とにえとのさんが空前連打をひたすら推した。その結果アユハさんの行動の5割ぐらいが空前になった。なんとか勝ったのでRound2へ。俺&にえとの「アユハさんは俺たちのアミーボ」

Wii Uシングル予選Round2

 他の人のシングルを応援して、しばらく時間が空くとのことなので、会場の隅っこで横になって寝てた。起こされたときには体が冷え切っててやばかった。コート着ながらスマブラするとは思わなかった。
 1回戦はWIDLっていうファルコン使い。パックマンのことわからなそうで怒ってた。
 2回戦はDKWillっていう古来からのドンキー使い。名前にDKを使ってしまったがためにドンキーを使わなきゃいけないとかなんとか?Will「Xを含めてこれが初めての対戦になるとはね!」なにもわかってなさそうなWillドンキーを処理して、2戦目戦場を選ばれて戦うと、Will「やべえ、ステージミスったわ」わからないからしょうがないみたいな感じがあった。

 勝者側決勝でMr.Rっていう欧州一プレイヤーかつ世界一候補シーク使いと当たる。シークとは一番当たりたくなかったんだけどね。一戦目は普通にぼこられて負けて、2戦目はリード取られてタイムアップした。隠しても隠さなくても負けるなら前日の大会で感触見とけばよかった…パックマンは時間使わないといけない上に基本的にリードされるから、今後このカードを当てるのは厳しい。恐らく国内でも時間制限が7分→6分になるだろうし、海外では6分→5分になっていくからさらに厳しいかも。
 敗者側決勝は、俺が2年前にXの配信でぼろくそに負けたネス使いShakyと。相手が決まった瞬間俺とShakyで目が合って、めっちゃにっこりされた。試合は相手がパックマンわかってなかったり、空前着地とか甘え行動してくれたりしてなんとか勝ち。2試合目はハルバードで俺が40%ぐらいでPKTAでぶっ殺されて心折れそうになったけど、にえとのさんのまだ行ける、落ち着けの声で気持ち切り替えることができて、作業のフルーツを増やして勝ち。さんきゅーにえとのプロ。
 終わってから聞いてみるとK53がデスブロックだった。にえとのさんは勝者側決勝でちょこさんを倒した後に応援しに来てくれたらしい。下のメンツが同じブロックに放り込まれていた。

  • DtN | にえとの (全一シーク、今回6位)
  • ちょこ (世界一ゼロサム)
  • Koolaid (アメリカ全一パックマン)
  • 6WX (アメリカ全一ソニック、今回4位)
  • Tyrant (西海岸全一ディディー)
  • Larry (DEHF、アメリカ・西海岸全一フォックス)

このブロックの問題は、強い人が固まっているっていうことももちろんあるんだけど、地域を全然分けられていないところ。日本だけでなく、西海岸の人同士も潰し合いをしなくてはならない。これはさすがにAPEXのチームに問題があると思う。ちょこさんが1回勝者側準決勝で6WXを倒したんだけど、にえとのさんに負けた後、敗者側決勝で負けてしまった…6WXはforからの参戦ぽいし今後も注目されるだろうね。
Wii Uシングル予選Round2K52
 チームは時間がないから明日の朝にやるとのこと。帰りのバスを待っていたら謎に豪華なバスがきた。ふかふかソファーみたいだった。

帰りのバス

APEX3日目

 今回は予選の生き残りの人しか朝起きないからバスに乗れた。朝aMSaさんと配信まで行きたいねーって話をしてた。進行の都合上仕方ないけどチームとタイマン行ったり来たりでめんどかった。

Wii UダブルスTOP32

 最初の相手がStatic Manny(Xからのソニック使い)&Phuzixチーム。あんまり覚えてないんだけど、aMSaさんが寝ぼけててソニックに轢かれまくって即効死にまくって壊されてた。チームソニックはタイマンよりも対処が難しいけどそれにしても壊されてた。負け。
 敗者側で当たったのはVinnie(強豪シーク、Xはアイクラ・ゲッチ)&Will(今回はシーク)の浮心オイパチーム。このときはaMSaさんに逃げてガードしてって言っちゃったからオイパ溜められまくって大変だった。終始前でろ止めろと声を荒らげてたけどなんとか噛み合って眠る合わせられたり、WillシークとのタイマンをaMSaさんに制してもらったりして勝利。DXプレイヤーはオイパチームとか村人チーム、パックマンチームとか変則チームに対する考え方を持たないと大変そうだなあと思った。
 次に当たったのはAllyマリオ(カナダ一プレイヤー)&BOSS(強豪ルイージ)。1戦目は俺が眠る外して死んでったり、aMSaさんが助けるの遅くて俺が死んだりでかなり噛み合って負けた。2戦目はいろいろな行動に眠れて、aMSaさんもストック保持できて勝ち。3戦目は割といい流れだったと思うんだけど、俺がガードといちゃいけない場面で解いて撃墜されたり、眠るじゃ殺せない場面で眠って反確で殺されたりで足引っ張ってしまったかも。わしもaMSaさんもまだまだ足りなかった…急に組んでもらったにしてはaMSaさんには結構無理言ってたと思うし、よく頑張ってもらったと思う。余裕をもって仕上げられたらよかったな。ベスト16で終わり。

Wii UダブルスTOP32

Wii UシングルTOP16

 ベスト16戦は、NinjaLink(昔から見てておもしろいプレイヤー)ロックマンと。やってみたら、めっちゃ飛び道具ぶん投げてくるやんって感じだった。消火栓に対してクラッシュボムがダメージ与えるのか与えないのかわからなくて戸惑ってる様子が動画から見て取れる。相手は空対空かなり読んできたんだけど、軸がずれたかなんかであんまり当たらなくて助かった。2試合目はひよって内側回避して昇竜拳くらってしまって流れ悪くて負け。3戦目はなんか結構いい流れだったんじゃないかな。よく覚えてないけど飛び道具待ちが勝ててよかった。

 ベスト12戦はAeroLink(元パルテナ使いのディディー)。どうしてこうもLinkがリンク使ってないんだ。勝者側でにえとのさんが処理したって聞いたし、初見のディディーなら噛み合わない限り負けないと思ってたから落ち着いていけた。1戦目はパックマンディディーの勝ちパターンらしい逃げパターンで勝てた。AeroLinkも無駄に時間使ってたしね。2戦目パルテナに変えてきたけど、反射があるからって飛び道具持ちに勝てるとは限らないんだよなあ。余裕ぶっこいて鍵キャッチ披露して、消火栓と鍵で遊んでたら反射板で死んでいって自分でも笑ったの覚えてる。遊ぶことをやめたので勝ち。

 しばらく時間空いて、相手がDabuzだってことがわかったからDAMUさんに反確とか調べるの手伝ってもらった。
 ベスト8が始まると、会場の幕の裏ではトレモルームが用意されててそこで待機。DabuzはXのとき20$マネーマッチ負けてるし、ロゼチコだし、結果残しまくりだし当たりたくなかった。1戦目は、Dabuzが下手に攻めに来てくれたりして、ダメージが五分展開になってた。消火栓に対してDAしてくれたところに鍵を投げれたので、そのダメージ差を有利に使ってタイムアップギリギリには撃墜できた。パックマンコールギモヂイイイ。2戦目からは、Dabuzは逃げ切りを視野に入れたガン待ちに切り替えてた。チコがいてもどっしり構えて下B待ち、チコがいない時は逃げる。村と街っていうこともあって逃げられまくって負けた。3戦目はすまむらと終点とダックハントを拒否されて、さんざん悩んでにえとのさんを呼ぼうかとも思ったんだけど、ライラットを選択。今思うと後悔しかない。NBが段差のせいで投げられずに時間だけが過ぎて差し込みに全然いけなかった。着地も変な高さの台のせいで上スマにリスクもなにもつけられなかった。掴みも上Bも全然できてなかったしだめだめ。完全敗北って感じだった。舞台から降りるとき観客に向けて何かしらアクション起こせばよかった。萎えたまま帰ってしまった。

 Dabuzはめっちゃブーイングされてるけど、1戦目負けて2戦目で戦い方を変えられたDabuzと2、3戦目で戦い方を変えられなかった俺の差が出てしまった戦いだと思う。下Bをひたすら待っているのであれば絶対トランポリンは通るはずだし、頭の柔らかさが足りなかった。あともうライラットは選ばない。全然倒せる圏内だと思うから次は負けない。
 このタイムアップの試合のせいでEVOが6分→5分になるとかなんとか…タイムアップになるゲームはタイムアップになるやろって感じだけど、見てる人が多くなったゲームだからしょうがないね。見た目重視観客重視でルールも変えていこう。e-sportsとして残るには、プレイヤーだけでなく観客も重視していかなきゃいけないね。
Wii UシングルTOP16
 自分の試合が終わってからはにえとのさんのセコンドについたんだけど、どうやったらうまく自分が思ってることを伝えられるのか。Mr.R戦のときは横回避が狩られて着地空前が読まれてること言ったんだけど、それが試合の合間で頭にどうやったら入るんだろう。6WX戦もリターンを追いすぎて掴みにいくなとは言ったんだけど、それがどの程度重要か、って強く言っていいのかわからなかった。チームのときもちょこさんに変な声掛けしてしまって申し訳ない。選手の集中を削がないように注意点を頭に入れてあげるセコンド難しい。
 残りの試合観てたけど、ZeRoは別格、努力と才能を合わせ持ってる感じがある。優勝したときもみんなが認めてる感じがすごかった。個人的にはDabuzが動画で見ただけじゃわからなかったんだけど、いろいろな行動がしっかりしていて素晴らしい。ロゼッタ好きになりそう。Mr.RはXをのときは魅せプレイばっかであんまり強いとは思わなかったんだけど、4シークになってからはしっかりした行動が増えて強くなってたと思う。6WXはXやってなかったはずなのに強い。アメリカらしい攻めっ気があるときはびびらせてくるし、逃げるときは逃げるのが強い。ただバースト%のときに一生掴み狙ってくるのは見た目好きじゃない。M2Kはシーク使ってほしいね。Nairoもキャラ変えてほしい。NAKATの強さは対戦してないし、動画見ててもいまいち伝わらなかった。
 アユハさんが交通手段を探してくれて、西海岸勢にtaxiを用意してもらったんだけど、疲れてて頭回らなくてThank youぐらいしか言えなくてボキャ貧で悲しかった。

日本到着まで

 朝起きてDabuzロゼッタにあこがれて、にえとのメタナイトとフリーしたけどこのキャラむずすぎだった。一度崩されると防御面が紙なのと、ガードしちゃいけない、回避しちゃいけない場面が多すぎて他キャラと違う、難しい。けどこのキャラ5番以内には入るキャラだと思ってるから使えるようになりたい。

終わりに

    最終結果

  • Wii Uシングルベスト8 (パックマン)
  • Wii Uダブルスベスト16 (相方VGBC | aMSa、プリンゲッコウガ)
  • DXシングルRound1予選落ち (プリン)
  • DXダブルスRound1予選落ち (相方VGBC | aMSa、プリンヨッシー)

 日本から応援してくださった方、対策に手伝ってくれた方本当にありがとうございました!目標の3日目まで残る(ベスト8)はぎりぎり達成出来ました。今の実力以上の結果が出せたと思います(トナメ運もまあ良かった)。スマブラ4黎明期にインパクト残すことが出来て嬉しい。自分はけっこう見た目気にするタイプなんだけど、最初だからレアキャラでほやほやされているものの、使うキャラが逃げキャラでタイムアップ視野に入ってしまうのがちょっと残念。見ている人を楽しませるためにもっとスピーディーにできたらなーと思うんだけどそういう戦い方を6年間してこなかったから難しい…あとタイムを6分→5分にしたら余計にタイムアップを意識した立ち回りになって、1スト目先行逃げ切りゲーになってしまうと思うんだけど…
 DXは本当にただの記念参加レベルで終わってしまったのが心残り。チームも組んでくれたaMSaさんにも申し訳ないからDXももっと頑張ります。DXと4を両立していい成績を取ったaMSaさん(とM2K)は個人的にほんとにすごいと思う。今回同じ大会のうちに両方やったけど、自分は別ゲーとしてあまり切り替えできなかった。こういうマルチスマブラー、マルチゲーマーは重要な人物だと思う。界隈の橋渡し役になれるしすごい(ボキャ貧)。
 APEX2016は正直卒論の時期と被ってるから行ける気はしないんだけど、できれば行きたい。EVOは行けなそう…この界隈にもうちょっと還元できることないかなーって考えてるんだけど、今後研究室に引きこもってたら行動力も実力も衰えていきそう…

関連記事


APEX2015雑記” へのコメントが 3 点あります

  1. 大変楽しく読まさせていただきました!!
    abadangoさんのパックマンは一戦一戦がドキドキさせられるので見ていて非常に楽しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。