2015年振り返り


卒論の現実逃避にだらだら書きます。こういうのって年が明ける前に書くべきなんだよな…。

2015年総括

 ほんとにいろいろあった…。まさかこんなにスマブラ界でビッグになるとは。激動の1年だった。

APEX2015

 まず2年ぶりの海外遠征であるAPEX2015。飛行機のチケットを取ったのが11月で、まだスマブラにバランス調整があるとは知らなかった。調整されてから結果も出ず、なんでチケット取ったんだろうと悩みに悩んでたけど、結果的に言えば行って万々歳だった。運が良かったのもあるけど、パックマンっていうマイナーキャラを使って世界大会でベスト8。ここから物語は始まるのだ。なにいってんだ。

CWC2015

 APEX2015でマイナーキャラかつ好成績を残したおかげか、フランスの格闘ゲームの大会CWC2015に半分招待という形で参加できた(全額負担ではなかった)。初めて賞金を取れば元取れるな、などと考えた大会でもある。結果的には2位でちょっとマイナス。このときsako夫妻やトンピーさんと交流出来たのはすごいよかった。トンピーさんはこの頃は記念参加ですみたいな雰囲気出しといて気がついたらプロになっていた。ずるい。

EVO2015

 部活動の幹部引き継ぎなどはあったものの、しばらくスマブラの関係するイベントはなかった。EVOには行く気はあったんだけど、カスタムありって聞いて一時期はモチベーションまったくなかった。それから5月にあったCEOを見て、なんでこのとき行ってなかったんだろうと思って少し後悔したからEVOにも行くことを決意。研究室入ってからバイトはしてないし、APEXで使ってしまったのでアユハさんに相談しながらクラウドファンディングをしてみることに。さんざん叩かれはしたけど新しい道を切り開いた感はあったからこれはこれで良かったと思う。寄付してくれた人(特にCoco神)(日本人もいます)ほんとにありがとうございました。EVOは2000人近く参加者がいて猛者が予選落ちする中、自分は勝者側で勝ち続け、結果的に4位という快挙を達成。ベスト8が目標ではあったけど、4位はさらにうれしかったし、予想もしてなかった。またこのとき初めて会場が味方という感覚を味わった。いい試合多くて楽しかった。ただしカジノ、貴様だけは許さない。

ニコニコの公式放送出演

 初めての出演者(?)として参加。今まで放送出ることはあっても参加者として勝ち上がってだったから嬉しかった。EVOの効果は偉大。この放送はほんとうに任天堂の社員さんが来てたから公式(今年の闘会議は公認)。aMSaプロがプロらしく立ち回ってて素晴らしかった。これからもプロにごますっていこう。あとニコニコの担当の人とお話をして、覚えてくれててこれまた嬉しかった。以降はイベントで会ったら挨拶するようになりましたとさ。

オフ大会初優勝

 ウメブラ19です。ロゼッタに負け続けていて、まずロゼッタを倒そうとしてメタナイトを使い始めたあたり。ロゼッタには当たらなかったんだけど、うめきピーチへのカウンターに機能した。そしてRain、シュウという強豪シークを久しぶりのパックマンで倒して初優勝。国内大会ではあるけど、この優勝は自分にとっては大きな一歩になったであろう。

TBH5

 10月にあったTBH5は2度目の招待された大会。このときは全額負担してくれて、大会で勝ちさえすれば賞金で利益を出せるという状況だった。実際に前日のローカルな大会を含めて好成績を残せたので、学生からしたら嬉しい臨時収入レベルにはなった。

闘会議予選

 2015年最後に気合を入れたのは闘会議予選。ウメブラで予選通過を確定させるつもりではあったんだけど、9B古森霧という関西からの刺客に見事に倒されてしまった…。スマバトは部活の結構重要な行事とかぶっていて、最初は行くつもりなかったんだけど、流石に悔しすぎてスマバト行くことにした。去年の闘会議を除いて公式大会全部出てるしね。結果は勝者側で決勝まで行くことが出来て予選通過。ウメブラ終わってから1ヶ月ソニックのことは1番考えてたからなんとか勝ててよかった(しかし対ソニックの答えはなし)。

将来の話

 EVO前後に大学院の進学手続きを脳筋で進めてしまっていた。8月に入って将来のことを真剣に考えたときになんでこんなに適当に進学を決めたんだと後悔。スマブラ関係にどっぷりのめり込んだ結果、自分はゲーム関係で特にイベント関係がやりたいんだなあと最近になってわかって、そうしたら学歴より社会出て経験積んだほうがいいじゃんとか、もし月給10万でも出してくれるチームがあるなら数年くらい真剣に取り組んでみてもいいんじゃないかとか、こんな安定しない上に安月給じゃ結婚できないとか、いろいろ考えた。今でもまとまってないけど、やはりプロは憧れる・ゲームのイベントをやってみたい、というのは確か。正直理系の結構真面目にやってる研究室で全力でゲームに力を注ぐっていうのは厳しいと感じる(もちろん海外遠征とか許してくれるボスには感謝はしてる)。学業との兼ね合いも難しい。

次は新年の抱負でも書くか(^o^)

関連記事


2015年振り返り” へのコメントが 4 点あります

  1. 一年間お疲れ様でした
    多キャラ使いなのにシークゼロサムソニックあたりの強キャラは避け、本当に色んなキャラで魅せてくれるあばだんごさんは自分含め結構ファンが多いと思います
    多キャラ使いのデメリットは自身の記事でも語ってましたが、是非今後もこのスタイルを貫いて欲しいです
    やっぱりマイナーキャラ出るとおおーってなりますし盛り上がりますよね
    成績を残すためにパックマンやワリオは流石に厳しくなってきてるかもしれませんが、個人的には闘会議のミューツーめっちゃかっよかったので今年の大会で荒らしてくれるのを期待してますw
    ジェネシスで再び見たいです!

    • ありがとうございます(^o^)自分としては目立ちたいので珍しいキャラで勝てるようにしていきたいですね。いつかミュウツー普通に出せるようになれればなと思ってます!

  2. パックマンはそんなに厳しいのでしょうか。あばだんごさんはパックマンで優勝していますし、TBH5でもかなり良い結果を残してる気がします。あばだんごさんのパックマンはかなり光っていたと思うのですが・・・・
    あとずっと気になってるんですが あばだんごさんのスマブラプレイヤー紹介の写真が睨んだ顔なのはなんででしょう?

    • ウメブラFAT以降はパックマンが主に負け試合稼いでますよ…。厳しいというよりパックマンを使うには相当時間が必要なので、今の自分にはメタナイトのほうが合ってますね。写真は知らないので担当の人にでも聞いてみては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。