2つ以上のことに熱中する


スマブラには直接関係ないけど結構面白い考え方を書きます。

1つのこと”だけ”を熱中しない

 頑張るなという話ではないです。1つのことだけじゃなくて、その他にも目を向けておいたほうがいいこともある、という話です。もちろん1つのことを突き詰めたらとんでもなくすごいことができたり、常人には見えない景色が見えたりするのもわかりますが、今回はそのことは置いときます。プロフェッショナルが重宝されるのはいつの時代も同じなのでそれとは別の視点ということでここはひとつ。

リスク分散

 もし1つのことだけを頑張り続けて、その1つがある日突然無くなったらどうしますか?その1つが自分のアイデンティティだったり、支えているものだとしたらその後辛くないですか?2つ以上あったらもしその1つが無くなったとしてもなんとかなりそうな気はしますよね。自分が身近だと思う例を示していきます。

キャラ選び

 これは格ゲーとかMOBAとかの調整があるゲームを前提に話します。e-sportsに選ばれるようなゲームはほとんど調整がありますよね。まあそれらのゲームを選ぶ際に1つのキャラだけに自分の努力値を全振りしていると、思いもよらぬ弱体化調整をくらってそのキャラでは勝てなくなることがあります。そのときにもう1体別のキャラを使っておけばすぐに乗り換えができますよね。(この話とは全く関係ないですが、ゲーム自体をうまくなっていれば別にキャラが1つでも問題ないとは思います。)

ゲーム選び

 新しいゲームが出れば、古いゲームの人口は減ります。e-sportsとして売りたいゲームであれば、新作が出たら競技者はみんな乗り換えます。そのときに今までやってきたゲームが1つだけだと、ゲームの乗り換えに苦労します。いつもやってるゲームとは少し違うジャンルを触っておくだけでも次のゲームや、別のゲームでも戦っていけると思います。(これもゲーム自体がうまくなれば、という話に当てはまりますね。)
 
 適当に書いてたからまとまってない…!まあ2つ以上あったほうが安心だよねという考えです。けれどプロフェッショナルはいつでも重宝されるので1つのことをやり込むのはそれはそれで重要だと思います。(ゲーマーは価値ある!)

ストレスを回避する生き方

 ちょっと話それます。自分に2つ以上の仮面があるとストレスを回避できます。友達に見せる仮面、仕事で見せる仮面、家族に見せる仮面、恋人に見せる仮面などなど、仮面がいっぱいあるほうがどれかがうまくいかなくなったとしても別の仮面を被ることが出来ます。

自分の価値を高める

 リスク分散の考えは、どちらかというと保守的な考えです。2つあったほうが失敗しても大丈夫!みたいな感じです。こっちの考えは2つあったほうが自分のためになる!みたいな感じです。(こっちのほうが大事)
 とりあえず下のリンクを後でも先でも読んでください。

藤原和博氏が語る、年収1000万〜1億円を目指す人生戦略

要約すると「自分をレアカード化して価値を高めよう」という話です。レアカードって何万分の1であるからレアカードなんですけど、1つのことをやりこんで10000分の1の人材になるって難しいことだと思いませんか?それをある1つの分野で100分の1の人材に、また別の分野で100分の1の人材になることで、それを掛けあわせて10000分の1の人材になれるということです。
 例をあげます。アユハさんは、英語が達者・スマブラ界隈にのめり込んでる・配信団体を立ち上げた・海外経験豊富、などなどでこれだけで100万分の1以上は軽く超えてる超レアカードです。僕を例えるなら、スマブラが強い日本人・英語がちょっとでも喋れる・Twitchで放送している、などなどで外国人からしたらレアカードに見えませんか?
 挙げれば挙げるほどきりがないですが、ゲームが大好きで動画編集が得意とかも十分にレアカードです。1つのことで10000分の1を目指すより、100分の1を何個か持って掛けあわせたほうが比較的に簡単にレアカード化できる、という話でした。(「人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方」っていう本が良さそうだからいつか読みます。)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。